最高の挙式を!神戸にある人気の結婚式場なび

新婚カップルが神戸の結婚式場をリサーチしちゃいました!

最高の挙式を!神戸にある人気の結婚式場なび
最高挙式を!
神戸にある人気結婚式場なび
見学に行ってみた!神戸で人気の結婚式場3社チェック!!
神戸で人気の結婚式場なび » 要チェック!良い結婚式場を選ぶための事前準備 » 結婚式の日取りを決める

結婚式の日取りを決める

結婚式の日取りは、自分たちの好きな日で…と思いたいところですが、なかなかそうはいかないのが現実です。どのように結婚式の日取りは決めたらいいのか、知っておきたい知識やマナーをご紹介します。

縁起ものだからこそ、六輝・六曜

結婚式・日取り

両家が顔合わせをするとき、結婚式の日にちは相談することが多いですよね。お日柄の良い日で…という意味の中には、六輝・六曜を意識して日にちを決める、という意味が含まれています。

日本では、冠婚葬祭それぞれに適した日、適さない日があるとされています。これは六輝・六曜が大きく関係しています。もともと中国から伝わってきたものなのですが、江戸時代の後半から一気に広まりました。

先勝

急いでことを運ぶと縁起が良い日とされています。そのため、午後は結婚式に向きません。

先負

先勝と反対の意味で、午前中は×ですが午後からは○です。

友引

友を引くという意味があり、結婚式には適した日とされています。ただし正午は×、それ以外の時間帯は○です。

大安

何にでも良い結果が得られる日とされているため、結婚式には最も適した日となります。

赤口

何事も慎むべき日とされているため、お祝い事には向かない日です。ただし正午のみ○です。

仏滅

凶の日とされているため、結婚式には1日中向かない日です。

結婚式を挙げたお日柄ランキング!

こういったランキングとなっています。やはり大安か友引というのが結婚式の日取りとして基本となります。覚えていないという人たちは、あまりこだわらずに決めたという人が多いでしょう。

できるだけ大安か友引にしておくことが、両家でのトラブルにもならずスムーズに日取りが決められますね。

日取りを気にする場合と気にしない場合のメリット、デメリット

常軌のランキングを見ても分かるように、日取りを気にしない人も増えてはいますが、大半は気にして選んでいるのが現状です。では、日取りを気にして選んだ場合と、特に気にしないで選んだ場合では、どのようなメリットデメリットがあるのでしょう。それぞれのメリットデメリットを比較してみました。

日取りを気にする場合のメリットとデメリット

ランキング上位を占めている大安と友引を選んで決めた場合は、縁起が良くて親族が喜ぶというのが最も大きいメリット。「祝い事は大安吉日に」というのは日本人に染み付いた文化や風習のようなものです。特に、親や年配の方にとっては、当たり前のことのように考えていることも少なくありません。

親の立場からすると、ゲストへの体裁も考えたりするでしょう。これから家族になる両家の親と良い関係を築いていくことは大切なことで、結婚する二人にとっても安心を得られるメリットに繋がるはずですね。

日取りを気にした場合の一番のデメリットは、結婚式場の予約が取りにくいことです。大安で、しかもゲストに出席してもらいやすい週末となると、当然、多くのカップルが予約を取ろうと殺到します。人気のある結婚式場となれば、1年前から予約しなければならないといった場合もあるのです。

また、運よく予約が取れたとしても、当然その日は結婚式場も大忙し。主役の花嫁が他の花嫁とすれ違ったり、スタッフが丁寧さを欠いたりと、落ち着かない結婚式になってしまう可能性は否めません。また、大安は割引サービスなどの特典がほとんどつきません。節約を考えるカップルには大きなデメリットとなるでしょう。

日取りを気にしない場合のメリットとデメリット

結婚式場の予約が多くなるのは、気候が穏やかな春と秋。その季節の大安、週末の日取りが最も予約が多い日となります。結婚式場のロビーがゲストで溢れていたり、ウェディングドレスを着た花嫁同士がすれ違ったりと、何かと落ち着かない結婚式になりがちです。

一方、それ以外の季節や大安を外した日取りであれば、別の花嫁とバッティングする可能性も少ないし、ゲストの方々もゆったりと落ち着いた気持ちで過ごすことができます。また、大安以外の日も利用して欲しい式場側は、仏滅や平日の結婚式には各種特典、割引サービスなどを設けています。日取りを気にしない最大のメリットは、「混雑せずゆったりとした結婚式を挙げられる」「お得に結婚式を挙げられる」この二つです。近年は、挙式は仏滅でお得にあげて、入籍を大安に。というカップルも増えているようです。

日取りを気にしない場合のデメリットはというと、仏滅を日取りに選んだ場合、「結婚式の費用を安くあげたかったのだろう」と推測される可能性が考えられます。そう思われても気にしないというカップルでしたら大したデメリットにはならないのでしょうが、ゲストのお料理などには出し惜しみしたイメージを与えないような配慮が必要になるでしょう。

日取りを気にした場合としない場合のメリットデメリットをあげてみましたが、いかがでしょうか。大安が無難なのはわかっていても、当日の混雑や費用のことを考えると、日取りよりも大事なことがあるのでは?と考えてしまいますよね。しかしながら、二人にとって、両家にとって、来てくださるゲストにとって納得出来るような結婚式になるのが一番。ある程度のマナーと常識を持って考える必要があります。

マナーや常識も考える

お日柄を重視するのは良いことですが、あまりにこだわりすぎて、決めた日が平日の昼間…なんてことになれば、仕事がある人はなかなか出席できません。ゲストが無理なく出席できるような日を選びましょう。

ただし、気にせずに選んでしまうと、六輝・六曜にこだわりたい両親とトラブルになるなど、問題が発生する可能性もあります。自分たちだけで決めたり、どちらか一方の両親の話だけで決めたりするのは避け、できるだけ両家で話し合いをしながら日取りを決めていきましょう。

管理人カップル
夫・はるま × 妻・あんず

どちらも神戸出身。交際6年目にして結婚。情報収集好きな私のこだわりが発動し、ゼクシィだけに頼らない本気の会場探し、始めました♪♪♪テーマは“自分たちもゲストも満足できる結婚式”。夫は基本なんでもいいらしいですが、会場めぐりの時は私より楽しそうですw

見学に行ってみた!神戸で人気の結婚式場3社チェック!!