最高の挙式を!神戸にある人気の結婚式場なび

新婚カップルが神戸の結婚式場をリサーチしちゃいました!

最高の挙式を!神戸にある人気の結婚式場なび
最高挙式を!
神戸にある人気結婚式場なび
見学に行ってみた!神戸で人気の結婚式場3社チェック!!
神戸で人気の結婚式場なび » 【豆知識】神戸の結婚式事情 » 神戸の結納について

神戸の結納について

結婚式の前に、両家が親族となるお祝いとして贈り物を納め合う儀式のことを結納(ゆいのう)と呼びます。結納を済ませる=結婚します、という約束を公にする、という意味もある大切な儀式として行なわれてきました。

そんな結納は、地域によってやり方に大きな違いがあるんだとか。ここでは、管理人カップルが住む神戸エリアで、主に行なわれる結納のマナーについて説明したいと思います。

そもそも結納って?

結納は最初にお話しした通り、両家が結びつくことを祝って贈り物を納め合う、という儀式のこと。一般的には、結婚式より半年から3ヶ月前には済ませるのが主流だそうです。

結婚式と同じように、お日柄のいい日にちで行なわれることが多いんだとか。つまり、大安や友引の午前中がベストだというわけですね。

なお、結納には大きく分けて関東式と関西式があり、地域によってそれぞれマナーが変わってきます。結納品をどう飾るか、結納返しは必要か、などなど…あらかじめ確認しておくことが大切です。

略式と正式の違い

結納には、略式と正式の2つがあります。

略式の場合は、両家が一方の家かホテルなどで交わします。結納品の数は少なく、少しカジュアルな雰囲気、というとわかりやすいでしょうか。

一方で正式と呼ばれる結納は、仲人が家をそれぞれ往復して、9品ある結納品や結納金を届けます。略式に比べてみると、少々大がかりな儀式になるでしょう。

最近はほとんどの場合、略式の結納が多いとされています。地域やしきたりによっては、必ず正式結納で…となることもありますが、最近は本当に稀なケースなんだそう。むしろ、結納そのものをしないという両家も多くなってきているようですよ。

関西式結納に関して

関西式の結納は、新郎側からの結納品はありますが、女性からの結納返しはありません

男性から渡す結納品は、目録・長熨斗・金宝包・勝男武士・寿留女・子生婦・友志良賀・末広・家内喜多留といった9品ほど。加えて結納金ですね。男性側は、正式結納となると用意するものがたくさん必要です。

一方女性側は、受書を渡すだけです。ただし、日を改めて金額の1割程度を返礼とするようになっています。

結納はやるかやらないかをまず考え、さらにどんな結納をするか、さらにどの地域で結納をするか、によってかなり変わります。これが正解というものはありませんが、両家が嫌な思いをしないためにも、マナーを守って行いたい儀式です。

結納金の相場は?

気になる結納金の相場はいくらなのでしょうか?結納金の一般的な相場は、100万円が「一包み」「一本」と表現されるようにキリの良い金額とされています。この事からも、100万円を結納金とする人が多いようです。とはいえ100万円と簡単に言いますが、若いカップル同士の場合であればかなりの大金となります。ですので、親の援助などがない場合だと半分の50万円で済ませる場合もあるようです。本人同士で結納を済ませる場合は自分たちでできる範囲の金額で、親が関わっている場合だと100万円といったようにまとまった金額で行われることが多いようです。

結納や顔合わせ食事会の日取りは?

結納や顔合わせ食事会などの日取りは、どちらの場合も式の3~6カ月前に行うというのが一般的であります。日柄に関しても、吉日とされる六曜の「大安」、「先勝」、「友引」といった日を選ぶ人が多いです。ちなみに、日本では「おめでたいこと」は午前中に行うのが良いとされているため、できれば午後3時までには終わるようにしたいところです。

六曜の意味

「大安(たいあん)」

万事大吉。結婚式には最良の日。

「友引(ともびき)」

祝い事は吉。ご友人をひっぱる日。

「先勝(せんしょう・せんかち)」

午前は吉、午後は凶。急ぐことは吉。

「先負(せんぶ・せんまけ)」

午前は凶、午後は吉。

「赤口(しゃっこう・しゃっく)」

大凶の日で、午の刻のみ吉。

「仏滅(ぶつめつ)」

万事に凶。

顔合わせ食事会の場所や服装は?

では、実際にご両家が顔を合わせる食事会の場所はどこが良いのか?服装はどういった格好が望ましいのか?といったところも気になる点だと思われます。

場所はお互いの中間地点がベスト

顔合わせの場所として一番望ましいのは、やはりお互いの家の中間地点になってくるでしょう。お互いの負担を均等するために、中間地点を食事会の場所に選ぶのが一般的であります。ちなみに、お互いの交通の便が良い駅などを選ぶ人も多いです。結婚式会場の下見も兼ねて、挙式予定の会場付近を選ぶ人も中にはいるようです。

中にはこんなエピソードもあります。

「双方の家が京都と和歌山と少し離れているため、両者の中間ということで梅田駅を選びました。」(20代後半女性)

「お互いの両親に何も言われなかったので、結婚式場を決定する際に婚礼料理の試食も兼ねて結婚式場で顔合わせを行いました。結婚式で出される料理の試食は絶対にしておかなければならないので、食事会の料金を節約するためについでに顔合わせをしました。」(30代前半女性)

食事会は個室が一般的

食事会の会場選びは、やはりホテルやレストランの個室で行われるのが一般的であります。ここで注意してほしいのがご両親の食の好み。せっかくの食事会を快適に進めるためにはこれだけは押さえておきたいところであります。この際、お店のスタッフにも「ご両家の顔合わせ」ということだけはしっかりと伝えておきましょう。

服装は両家で「格」を揃える

服装に関しては、両家で「格を揃える」ことが大事になってきます。例えば、男性側の母親が留袖を着る場合、女性側の母親もそれに合わせるようにしておきたいところです。また、男性は基本的にはスーツ、女性は華やかな訪問着や付け下げが望ましいでしょう。

服装に関してはこんなエピソードもありました。

「男性側の両親が遠方から来るため、あまり疲れないようにと「礼服」ではなく、「スーツ」でお願いをしました。お母さまに関してもワンピースといった、普段よりも若干きれい目な格好で来てもらうようにしました。それに合わせて、こちら側も相手の両親と同じような格好をしてもらいました。」(20代後半女性)

結納をするメリット~エピソード編~

結納というのは両家が結びつくことを祝うために行われる儀式です。やっておいた方がお互いの両家のために絶対に良いはずです。そんな結納を行って良かった点を、エピソードとしていくつか紹介したいと思います。

「本人たち以上に双方の両親にけじめがついた。」

両家の顔合わせというのはただ「初めまして」という雰囲気が強いですが、お義父さまが口上を述べる結納はビシッと引き締まる感じがありました。そういうこともあり、お互いの両親共々に「一安心」という感想が真っ先に出たことが良かったです。(20代後半女性)

「お互い両家の親睦が深まった」

結納をして良かったことは両親が満足してくれたこと。両親は結婚式当日までに、両家の顔合わせと結納との計2回会うことができたので、結婚式当日はぎこちなさもあまりなく、仲良く話している姿を見られたのが良かったです。(20代後半女性)

「何よりも両親が喜んでくれた」

やはり、何といっても結納というきちんとした儀式をすることで両親を安心させることができました。彼の両親からの一言に、自分の親が安心して喜んでくれたことを聞けて良かったです。結婚式の予行演習のようなものでもありました。(20代後半女性)

「日本の伝統を感じられた」

結婚式への階段を一歩進めたような嬉しい気持ちになりました。やはり日本人ということで、こういった昔からのしきたりは大切にしていかなければならないと思いました。普段は絶対にできることではなく勉強にもなるので、絶対にやって無駄はないと思います。(30代前半女性)

結納をするデメリット~エピソード編~

では逆に、結納をやったことによるデメリットにはどういったものがあるのでしょうか?こちらもエピソードとしていくつか紹介したいと思います。

「決まり事がありすぎて面倒」

とりあえず指輪と時計のお披露目と結納金の授受さえ終われば、後は普通の食事会になると思っていました。直前になって調べたところ、色々な決まり事があるということに気づいて面倒な気持ちになってしまいました。やはり、自分たちでしっかりと段取りなんかを事前に理解しておくべきだったと反省しました。(20代後半女性)

「様々な出費が痛かった」

結納をやって良くなかった点は、やはり出費の多さです。結納金の半分は新郎の親、そしてもう半分が彼の貯金から捻出してもらいました。それにプラス、ホテルのコース料金、結納返し、振り袖代、着付け代などなど、全ての料金を計算してみたらその金額の多さにびっくりしました。これらのお金を結婚式や新婚旅行に充てることができると考えたら、少し無駄な出費ではないかとも思えました。しかも、これからはさらにお金がかかる時期でもあるので貯金に回したかったというのが本音でもあります。(20代後半女性)

「結納品の使い道がない」

正直、個人的には結納という行事はいらないと思いました。結納の品や箱など、一回使ったらそれ以上の使い道がありません。そんな品を見ているだけでも無駄なように感じてしまいました。(20代後半女性)

「嫁ぐという圧迫感」

夫の家のものという考えを受け入れなければならないので、正直なところ現代の女性には不向きな儀式ではないかと思いました。(30代前半女性)

まとめ

結納を経験した人たちのエピソードはいかがだったでしょうか?「昔ながらの伝統儀式なのでやっておくべき」、「両親のためになる」、といったメリットから、「決まり事が多くて面倒」、「結納で使うお金を別の使い道に回したい」、といったデメリットまで様々な意見が聞けたのではないかと思われます。ですので、結納をするのか、略式で済ませるのか、といったことは両家でしいかりと話し合って決めるべきであります。本人たちが希望するスタイルを選びたいという気持ちは十分に理解でできます。しかし、その辺は両親ともよく相談し、両家が納得のいく形で行うのが結納のベストな形になってくるのです。

管理人カップル
夫・はるま × 妻・あんず

どちらも神戸出身。交際6年目にして結婚。情報収集好きな私のこだわりが発動し、ゼクシィだけに頼らない本気の会場探し、始めました♪♪♪テーマは“自分たちもゲストも満足できる結婚式”。夫は基本なんでもいいらしいですが、会場めぐりの時は私より楽しそうですw

見学に行ってみた!神戸で人気の結婚式場3社チェック!!